にきび 種類

白にきびとは、余分な皮脂が表皮下に蓄積され、皮膚表面に、白色又は薄い黄色味を帯びたポツポツとした角栓(コメド)が盛り上がって見える状態のにきびをいいます。

「閉鎖面皰」ともいいます。

白にきびの場合は、皮膚のターンオーバーを正常化させ、古い余分な角質を表皮から取り除き、洗顔やメイクの洗い残しがないように心がけることで、比較的簡単に改善されます。

白にきびや黒にきびが悪化し、炎症を起こして生じる赤にきびとなる前の、にきびの初期段階である白にきびの時点での早期の適切なスキンケアこそが、にきび治療においては非常に重要かつ効果的なのです。

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきび 種類

黒にきびとは、毛穴部分に汚れ(角質層のアカなど)が詰まった後、皮脂が毛穴を押し上げ、皮脂腺から出た皮脂が空気に触れ、酸化し、黒ずみを起こしている状態のにきびです。

鼻などに最もよく見られるにきびです。

黒にきびは白にきびと違い、毛穴が開いた部分に生じ、開放面皰ともいいます。

黒にきびは、一般的には、油性肌、新陳代謝が活発な人にできやすいにきびといわれています。

黒にきびは、白にきびと同様、まだにきびの初期の段階ですので、毛穴が黒ずみ開いた状態から、脂肪や汚れなどの栓を取り除く為の、適切な洗顔やスキンケアを行なうことで、比較的簡単に治療することが可能です。

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきび 種類

赤にきびとは、にきびの原因となる「アクネ菌」が、皮脂や汚れなどが詰まった毛穴部分の周辺に繁殖し、毛包に炎症を生じ、赤く腫れている状態のにきびをいいます。

「白にきび」や「黒にきび」が進行した状態のにきびです。

一般的によく「ニキビ」呼ばれる状態のにきびが、この「赤にきび」です。

赤にきびが進行すると、患部に膿が生じ、膿が生じるまでに進行した赤にきびは、痛みや熱を伴うことがあります。

この赤にきびや化膿した状態のにきびを、無理に手でつぶしてしまうと、真皮層を傷つけ、肌にクレーター状の凸凹(にきび跡・にきび痕)、色素沈着、赤みなどを残してしまう場合があります。

赤にきびや化膿した状態のにきびの場合は、日常的な適切なニキビケア・スキンケアを行うと共に、必要以上に気にせず、触らず、そっとしておくことが、早期改善への近道です。

但し、適切なスキンケアを行っても症状が改善されない場合には、皮膚科や病院での診察・治療が必要となってきます。

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきびPR
管理人のおすすめ
下記は管理人自身がにきびや吹き出物・肌荒れ時に効果的だった、おすすめの化粧品・飲み薬(漢方薬・ビタミン剤)の一部です。もし宜しければ参考になさって下さい。

●洗顔料





●ピーリング石鹸・洗顔料






●ピーリングジェル



●化粧水



●ニキビ治療薬(ぬり薬)



●ニキビ治療薬(漢方薬)





●ニキビ治療薬(ビタミン剤)



●ファンデーション


プロアクティブ (Proactiv)
プロアクティブは皮膚科医が開発した薬用ニキビケア・ドクターズコスメの一つで、日米売上第一位の実力派ニキビケア化粧品ブランドです。日本では女優眞鍋かをりさんのニキビケアのCMでご存知の方も多いかと思います。