にきび にきび跡治療:皮膚科・病院・美容皮膚科での治療

ケミカルピーリングの種類

ケミカルピーリングは、薬剤を肌に浸透させる「深さ」により、ケミカルピーリングの種類・用いるピーリングの薬剤等が異なります。

1.肌表面のケミカルピーリング(Superfical Peeling)

・深さ・・・皮膚の基底層まで薬剤を浸透させて、基底層までの肌を生まれ変わらせる。

・薬剤・・・AHA、サリチル酸、ジェシナー氏液、TCA(10%〜20%)

・効果・・・表皮異形成。肌表面のトラブルの改善。にきびやしみ、色素沈着改善のためには何回かの繰り返しの治療を要すことが多い。にきび跡(ニキビ痕・クレーター・凸凹・あばた等)の改善には限界がある。ピーリング後はほぼ日常通りの生活が送れる。日本人の肌には最も適するといわれている。

2.中程度の深さのケミカルピーリング(Medium Depth Peeling)

・深さ・・・真皮乳頭層(真皮の上の方)まで薬剤を浸透させて、真皮乳頭層基底層までの肌を生まれ変わらせる。

・薬剤・・・TCA(35%〜50%)、グリコール酸(70%)

・効果・・・表皮異形成。色素沈着、しわ・にきび・ニキビ跡(痕・クレーター・凸凹・あばた等)の改善。数ヶ月間は肌に顕著な赤みが残る。

3.深いケミカルピーリング(Deep Peeling)

・深さ・・・真皮網状層の一部まで薬剤を浸透させて、真皮網状層の一部までの肌を生まれ変わらせる。

・薬剤・・・フェノール

・効果・・・メラニン異形成。重症の活動性にきび、ニキビ跡(痕・クレーター・凸凹・あばた等)、色素沈着、しわの改善。 日本人の皮膚の特徴として、色素沈着・跡が残りやすく、白人であっても大きなトラブルになることがある。 数年間に及び、肌に顕著な赤みが残ることもある。

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきび 原因

にきび原因:ニキビ・吹き出物の原因の一つ「顔ダニ」(デモデクス):口コミで評判の良い顔ダニ対策・顔ダニ退治用石鹸・化粧水

顔ダニとは「毛包虫」または「毛嚢虫」と呼ばれる、人の顔や皮膚に発生する皮膚常在生物「デモデクス」のことです。

顔ダニは、ほぼ全ての人の「顔」に存在しており、特に皮脂の分泌の盛んなTゾーン(おでこ、鼻、口もと、あご)の部分、毛の生えている部分で非常に繁殖しやすいです。

顔ダニは、体には無害なのですが、皮脂線にすみつき、皮脂腺部分の脂肪組織を栄養としているので、ニキビや吹き出物などを悪化させ、肌トラブルや肌のキメを粗くする原因の一つとなっています。

顔ダニ対策・退治には、常に肌を清潔に保つことが最も重要であり、顔ダニ対策・退治用の石鹸での洗顔をおすすめします。

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきびPR
管理人のおすすめ
下記は管理人自身がにきびや吹き出物・肌荒れ時に効果的だった、おすすめの化粧品・飲み薬(漢方薬・ビタミン剤)の一部です。もし宜しければ参考になさって下さい。

●洗顔料





●ピーリング石鹸・洗顔料






●ピーリングジェル



●化粧水



●ニキビ治療薬(ぬり薬)



●ニキビ治療薬(漢方薬)





●ニキビ治療薬(ビタミン剤)



●ファンデーション


プロアクティブ (Proactiv)
プロアクティブは皮膚科医が開発した薬用ニキビケア・ドクターズコスメの一つで、日米売上第一位の実力派ニキビケア化粧品ブランドです。日本では女優眞鍋かをりさんのニキビケアのCMでご存知の方も多いかと思います。