にきび にきび跡治療:皮膚科・病院・美容皮膚科での治療

培養表皮移植治療の流れ<ニキビ痕(にきび跡・クレーター・凸凹)治療の場合>

1)受診の上、培養表皮による治療が適応するかどうかを診断。

2)翌日「皮膚採取」を局所麻酔下で実施。(培養表皮の為の皮膚採取は、治療目的に応じて耳のうしろ・わきの下などの目立ちにくい場所を選んで行う。)

3)皮膚を採取してから最短で約1ヶ月半の培養期間が必要。(培養に時間がかかるケースや皮膚からうまく細胞が育たずに再度皮膚を採取するケースもあり。)

4)手術方法はニキビ痕(にきび跡・クレーター・凸凹)・傷痕・火傷痕等により若干異なる。顔のニキビ痕(にきび跡・クレーター・凸凹)の場合は、麻酔で眠った状態で本人が希望する部位をレーザーで削り、平らな状態に近づけた後、先の培養表皮を移植。

5)培養表皮移植手術後は近郊の場合は日帰り帰宅可。通院は手術翌日と術後2日目、抗生剤の点滴を行う。

6)遠方からの場合等、手術日を含め8日間程度の滞在が必要。

7)培養表皮移植後、約6ヶ月の経過で徐々に改善。(※程度や個人差等、約1年程度の時間を要す場合もあり)

※上記は、培養表皮移植治療で有名な「矢永クリニック」(北九州市小倉北区)での「ニキビ痕(にきび跡・クレーター・凸凹)治療」の一例をもとに記述したものです。

実際の所、現状では、まだ「培養表皮移植治療」自体を行なっている皮膚科や病院・美容整形外科の数が非常に少なく、培養表皮移植治療の臨床例(その後の経過含む)報告も少なく感じられます。最新治療の為、治療費がやはり高額です。

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきび にきび跡治療:皮膚科・病院・美容皮膚科での治療

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは、酸性の薬剤(主にAHA・サリチル酸・グリコール酸等)を用いて、老化した表皮の角質を剥離することで、角質の代謝を亢進・真皮上層の細胞を活性化させて、肌を正常なターンオーバーに戻すといった論理でのにきび・ニキビ跡(痕・クレーター・凸凹・赤み・色素沈着・あばた等)の予防・治療法です。

肌のざらつきやくすみ改善、毛穴引き締め、肌のキメを細かくする、シミや色素沈着を薄くする、シワを浅くする等の効果等も期待できます。

正常な肌は古い角質が表皮からはがれ落ちる落ちる周期(ターンオーバー)が約28日間だといわれていますが、加齢・乾燥・紫外線・ストレス・不規則な生活等が原因でこのターンオーバーが乱れると、古い角質が表皮に蓄積され、様々な肌トラブルの原因になります。

ニキビ跡(痕・クレーター・凸凹)改善が目的でのケミカルピーリングの場合には、にきび予防・治療時よりも、繰り返しピーリング施術を行なう、又は比較的やや高濃度の酸が使用されることも多いかと思います。

病院・皮膚科以外でも、薬剤の酸の濃度はやや低めではありますが、エステなどでも比較的安価で試すことができ、にきび・ニキビ跡(痕・クレーター・凸凹・赤み・色素沈着・あばた等)の予防や対策に広く用いられています。

ケミカルピーリングの種類

【にきび(吹き出物)とニキビ跡の治療法】


にきびPR
管理人のおすすめ
下記は管理人自身がにきびや吹き出物・肌荒れ時に効果的だった、おすすめの化粧品・飲み薬(漢方薬・ビタミン剤)の一部です。もし宜しければ参考になさって下さい。

●洗顔料





●ピーリング石鹸・洗顔料






●ピーリングジェル



●化粧水



●ニキビ治療薬(ぬり薬)



●ニキビ治療薬(漢方薬)





●ニキビ治療薬(ビタミン剤)



●ファンデーション


プロアクティブ (Proactiv)
プロアクティブは皮膚科医が開発した薬用ニキビケア・ドクターズコスメの一つで、日米売上第一位の実力派ニキビケア化粧品ブランドです。日本では女優眞鍋かをりさんのニキビケアのCMでご存知の方も多いかと思います。